建長寺道隆への御状

建長寺道隆への御状

 夫れ仏閣軒を並べ法門屋に拒る仏法の繁栄は身毒支那に超過し僧宝の形儀は六通の羅漢の如し、然りと雖も一

代諸経に於て未だ勝劣浅深を知らず併がら禽獣に同じ忽ち三徳の釈迦如来を抛って、他方の仏菩薩を信ず是豈逆

路伽耶陀の者に非ずや、念仏は無間地獄の業禅宗は天魔の所為真言は亡国の悪法律宗は国賊の妄説と云云、爰に

日蓮去ぬる文応元年の比勘えたるの書を立正安国論と名け宿屋入道を以て故最明寺殿に奉りぬ、此の書の所詮は

念仏真言禅律等の悪法を信ずる故に天下に災難頻りに起り剰え他国より此の国責めらる可きの由之を勘えたり、

然るに去ぬる正月十八日牒状到来すと日蓮が勘えたる所に少しも違わず普合せしむ、諸寺諸山の祈祷威力滅する

故か将又悪法の故なるか鎌倉中の上下万人道隆聖人をば仏の如く之を仰ぎ良観聖人をば羅漢の如く之れを尊む、

其の外寿福寺多宝寺浄光明寺長楽寺大仏殿の長老等は「我慢の心充満し、未だ得ざるを得たりと謂う」の増上慢

の大悪人なり、何ぞ蒙古国の大兵を調伏せしむ可けんや、剰え日本国中の上下万人悉く生取と成る可く今世には

国を亡し後世には必ず無間に堕せん、日蓮が申す事を御用い無くんば後悔之れ有る可し此の趣鎌倉殿宿屋入道殿

平の左衛門の尉殿等へ之を進状せしめ候、一処に寄り集りて御評議有る可く候、敢て日蓮が私曲の義に非ず只経

論の文に任す処なり、具には紙面に載せ難し併ながら対決の時を期す、書は言を尽さず言は心を尽さず、恐恐謹

言。

= 文永五年〔戊辰〕十月十一日                        日蓮花押

%   進上 建長寺道隆聖人侍者御中

P0174