法華経題目抄

法華経題目抄 根本大師門人 日蓮 撰

 南無妙法蓮華経

 問うて云く法華経の意をもしらず只南無妙法蓮華経と計り五字七字に限りて一日に一遍一月乃至一年十年一期

生の間に只一遍なんど唱えても軽重の悪に引かれずして四悪趣におもむかずついに不退の位にいたるべしや、答

えて云くしかるべきなり、問うて云く火火といへども手にとらざればやけず水水といへども口にのまざれば水の

ほしさもやまず、只南無妙法蓮華経と題目計りを唱うとも義趣をさとらずば悪趣をまぬかれん事いかがあるべか

るらん、答えて云く師子の筋を琴の絃として一度奏すれば余の絃悉くきれ梅子のすき声をきけば口につたまりう

るをう世間の不思議すら是くの如し況や法華経の不思議をや小乗の四諦の名計りをさやづる鸚鵡なを天に生ず三

帰計りを持つ人大魚の難をまぬかる何に況や法華経の題目は八万聖教の肝心一切諸仏の眼目なり汝等此れを唱え

て四悪趣をはなるべからずと疑うか、正直捨方便の法華経には「信を以て入ることを得」と云い雙林最後の涅槃

経には「是の菩提の因は復無量なりと雖も若し信心を説けば則ち已に摂尽す」等云々。

 夫れ仏道に入る根本は信をもて本とす五十二位の中には十信を本とす十信の位には信心初めなりたとひさとり

なけれども信心あらん者は鈍根も正見の者なりたとひさとりあるとも信心なき者は誹謗闡提の者なり、善星比丘

は二百五十戒を持ち四禅定を得十二部経を諳にせし者提婆達多は六万八万の宝蔵をおぼへ十八変を現ぜしかども

此等は有解無信の者今に阿鼻大城にありと聞く、迦葉舎利弗等は無解有信の者なり仏に授記を蒙りて華光如来光

明如来といはれき

P0941

仏説いて云く「疑を生じて信ぜざらん者は則ち当に悪道に堕つべし」等云云、此等は有解無信の者を説き給う、

而るに今の代に世間の学者の云く只信心計りにて解する心なく南無妙法蓮華経と唱うる計りにて争か悪趣をまぬ

かるべき等云云、此の人人は経文の如くならば阿鼻大城まぬかれがたし、さればさせる解りなくとも南無妙法蓮

華経と唱うるならば悪道をまぬかるべし譬えば蓮華は日に随って回る蓮に心なし芭蕉は雷によりて増長す此の草

に耳なし、我等は蓮華と芭蕉との如く法華経の題目は日輪と雷との如し、犀の生角を身に帯して水に入りぬれば

水五尺身に近づかず栴檀の一葉開きぬれば四十由旬の伊蘭を変ず我等が悪業は伊蘭と水との如く法華経の題目は

犀の生角と栴檀の一葉との如し、金剛は堅固にして一切の物に破られずされども羊の角と亀の甲に破らる尼倶類

樹は大鳥にも枝おれざれどもかのまつげに巣くうせうれう鳥にやぶらる、我等が悪業は金剛の如く尼倶類樹の如

し法華経の題目は羊の角のごとくせうれう鳥の如し琥珀は塵をとり磁石は鉄をすう我等が悪業は塵と鉄との如く

法華経の題目は琥珀と磁石との如し。

 かくをもひて常に南無妙法蓮華経と唱うべし、法華経の第一の巻に云く「無量無数劫にも是の法を聞かんこと

亦難し」第五の巻に云く「是の法華経は無量の国中に於て乃至名字をも聞くことを得可からず」等云云法華経の

御名を聞く事はをぼろげにもありがたき事なり、されば須仙多仏多宝仏は世にいでさせ給いたりしかども法華経

の御名をだにも説き給わず釈迦如来は法華経のために世にいでさせ給いたりしかども四十二年が間は名をひして

かたりいださせ給わず仏の御年七十二と申せし時はじめて妙法蓮華経ととなえいでさせ給いたりき、しかりとい

えども摩訶尸那日本の辺国の者は御名をもきかざりき一千余年すぎて三百五十余年に及びてこそ纔に御名計りを

ば聞きたりしか、さればこの経に値いたてまつる事をば三千年に一度華さく優曇華無量無辺劫に一度値うなる一

眼の亀にもたとへたり、大地の上に針を立てて大梵天王宮より芥子をなぐるに針のさきに芥子のつらぬかれたる

よりも法華経の題目に値う事はかたし、

P0942

此の須弥山に針を立ててかの須弥山より大風のつよく吹く日いとをわたさんにいたりてはりの穴にいとのさきの

いりたらんよりも法華経の題目に値い奉る事かたし、さればこの経の題目をとなえさせ給はんにはをぼしめすべ

し、生盲の始めて眼をあきて父母等をみんよりもうれしく強きかたきにとられたる者のゆるされて妻子を見るよ

りもめづらしとをぼすべし。

 問うて云く題目計りを唱うる証文これありや、答えて云く妙法華経の第八に云く「法華の名を受持せん者福量

る可からず」正法華経に云く「若し此の経を聞いて名号を宣持せば徳量る可からず」添品法華経に云く「法華の

名を受持せん者福量る可からず」等云云、此等の文は題目計りを唱うる福計るべからずとみへぬ、一部八巻二十

八品を受持読誦し随喜護持等するは広なり、方便品寿量品等を受持し乃至護持するは略なり、担一四句偈乃至題

目計りを唱えとなうる者を護持するは要なり、広略要の中には題目は要の内なり。

 問うて云く妙法蓮華経の五字にはいくばくの功徳をかおさめたるや、答えて云く大海は衆流を納めたり大地は

有情非情を持てり如意宝珠は万財を雨し梵天は三界を領す妙法蓮華経の五字また是くの如し一切の九界の衆生並

に仏界を納む、十界を納むれば亦十界の依報の国土を収む、先ず妙法蓮華経の五字に一切の法を納むる事をいは

ば経の一字は諸経の中の王なり一切の群経を納む、仏世に出でさせ給いて五十余年の間八万聖教を説きをかせ給

いき、仏は人寿百歳の時壬申の歳二月十五日の夜半に御入滅あり、其の後四月八日より七月十五日に至るまで一

夏九旬の間一千人の阿羅漢結集堂にあつまりて一切経をかきをかせ給いき、其の後正法一千年の間は五天竺に一

切経ひろまらせ給いしかども震旦国には渡らず、像法に入って一十五年と申せしに後漢の孝明皇帝永平十年丁卯

の歳仏経始めて渡って唐の玄宗皇帝開元十八年庚午の歳に至るまで渡れる訳者一百七十六人持ち来る経律論一千

七十六部五千四十八巻四百八十帙、是れ皆法華経の経の一字の眷属の修多羅なり。

P0943

 先ず妙法蓮華経の以前四十余年の間の経の中に大方広仏華厳経と申す経まします、竜宮城には三本あり上本は

十三世界微塵数の品中本は四十九万八千八百偈下本は十万偈四十八品此の三本の外に震旦日本には僅に八十巻六

十巻等あり、阿含小乗経方等般若の諸大乗経等、大日経は梵本には阿ウエ訶氓フ五字計りを三千五百の偈をもつ

てむすべり、況や余の諸尊の種子尊形三摩耶其の数をしらず、而るに漢土には但纔に六巻七巻なり、涅槃経は雙

林最後の説漢土には但四十巻是も梵本之れ多し、此等の諸経は皆釈迦如来の所説の法華経の眷属の修多羅なり、

此の外過去の七仏千仏遠遠劫の諸仏の所説現在十万の諸仏の説経皆法華経の経の一字の眷属なり、されば薬王品

に仏宿王華菩薩に対して云く「譬えば一切の川流江河の諸水の中に海為れ第一なるが如く衆山の中に須弥山為れ

第一衆星の中に月天子最も為れ第一」等云云、妙楽大師の釈に云く「已今当説最為第一」等云云、此の経の一字

の中に十方法界の一切経を納めたり、譬えば如意宝珠の一切の財を納め虚空の万象を含めるが如し、経の一字は

一代に勝る故に妙法蓮華の四字も又八万法蔵に超過するなり、妙とは法華経に云く「方便の門を開いて真実の相

を示す」、章安大師の釈に云く「秘密の奥蔵を発く之を称して妙と為す」、妙楽大師此の文を受けて云く「発と

は開なり」等云云、妙と申す事は開と云う事なり世間に財を積める蔵に鑰なければ開く事かたし開かざれば蔵の

内の財を見ず、華厳経は仏説き給いたりしかども経を開く鑰をば仏彼の経に説き給はず、阿含方等般若観経等の

四十余年の経経も仏説き給いたりしかども彼の経経の意をば開き給はず、門を閉じてをかせ給いたりしかば人彼

の経経をさとる者一人もなかりき、たとひさとれりとをもひしも僻見にてありしなり、而るに仏法華経を説かせ

給いて諸経の蔵を開かせ給いき、此の時に四十余年の九界の衆生始めて諸経の蔵の内の財をば見しりたりしなり

、譬えば大地の上に人畜草木等あれども日月の光なければ眼ある人も人畜草木の色形をしらず、日月出で給いて

こそ始めてこれをば知る事なれ、爾前の諸経は長夜の闇の如く法華経の本迹二門は日月の如し、

P0944

諸の菩薩の二目ある二乗の眇目なる凡夫の盲目なる闡提の生盲なる共に爾前の経経にてはいろかたちをばわきま

へずありし程に、法華経の時迹門の月輪始めて出で給いし時菩薩の両眼先にさとり二乗の眇目次にさとり凡夫の

盲目次に開き生盲の一闡提未来に眼の開くべき縁を結ぶ是れ偏に妙の一字の徳なり。

 迹門十四品の一妙本門十四品の一妙合せて二妙、迹門の十妙本門の十妙合せて二十妙、迹門の三十妙本門の三

十妙合せて六十妙、迹門の四十妙本門の四十妙観心の四十妙合せて百二十重の妙なり、六万九千三百八十四字一

一の字の下に一の妙あり総じて六万九千三百八十四の妙あり、妙とは天竺には薩と云い漢土には妙と云う妙とは

具の義なり具とは円満の義なり、法華経の一一の文字一字一字に余の六万九千三百八十四字を納めたり、譬えば

大海の一ィの水に一切の河の水を納め一の如意宝珠の芥子計りなるが一切の如意宝珠の財を雨らすが如し、譬え

ば秋冬枯れたる草木の春夏の日に値うて枝葉華菓出来するが如し、爾前の秋冬の草木の如くなる九界の衆生法華

経の妙の一字の春夏の日輪にあひたてまつりて菩提心の華さき成仏往生の菓なる、竜樹菩薩の大論に云く「譬え

ば大薬師の能く毒を以て薬と為すが如し」云云、此の文は大論に法華経の妙の徳を釈する文なり、妙楽大師の釈

に云く「治し難きを能く治す所以に妙と称す」等云云、総じて成仏往生のなりがたき者四人あり第一には決定性

の二乗第二には一闡提人第三には空心の者第四には謗法の者なり、此等を法華経にをいて仏になさせ給ふ故に法

華経を妙とは云うなり。

 提婆達多は斛飯王の第一の太子浄飯王にはをひ阿難尊者がこのかみ教主釈尊にはいとこに当る南閻浮提にかろ

からざる人なり、須陀比丘を師として出家し阿難尊者に十八変をならひ外道の六万蔵仏の八万蔵を胸にうかべ五

法を行じて殆ど仏よりも尊きけしきなり、両頭を立てて破僧罪を犯さんために象頭山に戒壇を築き仏弟子を招き

取り、阿闍世太子をかたらいて云く我は仏を殺して新仏となるべし太子は父の王を殺して新王となり給へ、

P0945

阿闍世太子すでに父の王を殺せしかば提婆達多は又仏をうかがい大石をもちて仏の御身より血をいだし阿羅漢た

る華色比丘尼を打ちころし五逆の内たる三逆をつぶさにつくる、其の上瞿伽梨尊者を弟子とし阿闍世王を檀那と

たのみ五天竺十六の大国五百の中国等の一逆二逆三逆等をつくれる者は皆提婆が一類にあらざる事これなし、譬

えば大海の諸河をあつめ大山の草木をあつめたるがごとし、智慧の者は舎利弗にあつまり神通の者は目連にした

がひ悪人は提婆にかたらいしなり、されば厚さ十六万八千由旬其の下に金剛の風輪ある大地すでにわれて生身に

無間大城に堕ちにき、第一の弟子瞿伽梨も又生身に地獄に入る旃遮婆羅門女もおちにき波瑠璃王もをちぬ善星比

丘もおちぬ、又此等の人人の生身に堕ちしをば五天竺十六の大国五百の中国十千の小国の人人も皆これをみる、

六欲四禅色無色梵王帝釈第六天の魔王も閻魔法王等も皆御覧ありき、三千大千世界十方法界の衆生も皆聞きしな

り、されば大地微塵劫はすぐとも無間大城を出づべからず、劫石はひすらぐとも阿鼻大城の苦はつきじとこそ思

い合いたりしに、法華経の提婆品にして教主釈尊の昔の師天王如来と記し給う事こそ不思議にをぼゆれ、爾前の

経経実ならば法華経は大妄語法華経実ならば爾前の諸経は大虚誑罪なり、提婆が三逆を具に犯して其の外無量の

重罪を作りし天王如来となる、況や二逆一逆等の諸の悪人の得道疑いなき事譬えば大地をかへすに草木等のかへ

るがごとく堅石をわる者ュ草をわるが如し、故に此の経をば妙と云ふ。

 女人をば内外典に是をそしり三皇五帝の三墳五典に諂曲の者と定む、されば災は三女より起ると云へり国の亡

び人の損ずる源は女人を本とす、内典の中には初成道の大法たる華厳経には「女人は地獄の使なり能く仏の種子

を断つ外面は菩薩に似て内心は夜叉の如し」と云い、雙林最後の大涅槃経には「一切の江河必ず回曲有り一切の

女人必ず諂曲有り」と、又云く「所有三千界の男子の諸の煩悩合集して一人の女人の業障と為る」等云云、大華

厳経の文に「能く仏の種子を断つ」と説かれて候は女人は仏になるべき種子をいれり、譬えば大旱@の時

P0946

虚空の中に大雲をこり大雨を大地に下すにかれたるが如くなる無量無辺の草木花さき菓なる、然りと雖もいれる

種はをひずして結句雨しげければくちうするが如し、仏は大雲の如く説教は大雨の如くかれたるが如くなる草木

を一切衆生に譬えたり、仏教の雨に潤い五戒十善禅定等の功徳を修するは花さき菓なるが如し、雨ふれどもいり

たる種のをひずかへりてくちうするは女人の仏教にあひて生死をはなれずしてかへりて仏法を失ひ悪道に堕つる

に譬ふべし、是を「能く仏の種子を断つ」とは申すなり、涅槃経の文に一切の江河のまがれるが如く女人も又ま

がれりと説かれたるは、水はやわらかなる物なれば石山なんどのこわき物にさへられて水のさきひるむゆへにあ

れへこれへ行くなり、女人も亦是くの如く女人の心をば水に譬えたり、心よわくして水の如くなり、道理と思う

事も男のこわき心に値いぬればせかれてよしなき方へをもむく、又水にゑがくにとどまらざるが如し、女人は不

信を体とするゆへに只今さあるべしと見る事も又しばらくあればあらぬさまになるなり、仏と申すは正直を本と

す故にまがれる女人は仏になるべからず五障三従と申して五つのさはり三つしたがふ事あり、されば銀色女経に

は「三世の諸仏の眼は大地に落つとも女人は仏になるべからず」と説かれ大論には「清風はとると云えども女人

の心はとりがたし」と云へり。

 此くの如く諸経に嫌はれたりし女人を文殊師利菩薩の妙の一字を説き給いしかば忽に仏になりき、あまりに不

審なりし故に宝浄世界の多宝仏の第一の弟子智積菩薩、釈迦如来の御弟子の智慧第一の舎利弗尊者、四十余年の

大小乗経の経文をもつて竜女の仏になるまじき由を難ぜしかども終に叶はず仏になりにき、初成道の「能く仏の

種子を断つ」雙林最後の「一切の江河必ず回曲有り」の文も破れぬ、銀色女経並に大論の亀鏡も空しくなりぬ智

積舎利弗は舌を巻きて口を閉ぢ人天大会は歓喜せしあまりに掌を合せたりき、是れ偏に妙の一字の徳なり、此の

南閻浮提の内に二千五百の河あり一一に皆まがれり、南閻浮提の女人の心のまがれるが如し、但し娑婆耶と申す

河あり

P0947

縄を引きはえたるが如くして直に西海に入る、法華経を信ずる女人亦復是くの如く直に西方浄土へ入るべし是れ

妙の一字の徳なり、妙とは蘇生の義なり蘇生と申すはよみがへる義なり、譬えば黄鵠の子死せるに鶴の母子安と

なけば死せる子還つて活り、鴆鳥水に入れば魚蚌悉く死す犀の角これにふるれば死せる者皆よみがへるが如く爾

前の経経にて仏種をいりて死せる二乗闡提女人等妙の一字を持ちぬればいれる仏種も還つて生ずるが如し、天台

云く「闡提は心有り猶作仏すべし二乗は智を滅す心生ず可からず法華能く治す復称して妙と為す」と、妙楽云く

「但大と云いて妙と名づけざるは一には有心は治し易く無心は治し難し治し難きを能く治す所以に妙と称す」等

云云、此等の文の心は大方広仏華厳経大集経大品経大涅槃経等は題目に大の字のみありて妙の字なし、但生る者

を治して死せる者をば治せず、法華経は死せる者をも治するが故に妙と云ふ釈なり、されば諸経にしては仏にな

る者も仏になるべからず其の故は法華は仏になりがたき者すら尚仏になりぬ、なりやすき者は云ふにや及ぶと云

う道理立ちぬれば法華経をとかれて後は諸経にをもむく一人もあるべからず。

 而るに正像二千年過ぎて末法に入つて当世の衆生の成仏往生のとげがたき事は在世の二乗闡提等にも百千万億

倍すぎたる衆生の観経等の四十余年の経経によりて生死をはなれんと思うははかなしはかなし、女人は在世正像

末総じて一切の諸仏の一切経の中に法華経をはなれて仏になるべからず、霊山の聴衆道場開悟たる天台智者大師

定めて云く「他経は但男に記して女に記せず今経は皆記す」等云云、釈迦如来多宝仏十方諸仏の御前にして摩竭

提国王舎城の艮鷲の山と申す所にて八箇年の間説き給いし法華経を智者大師まのあたり聞こしめしけるに我五十

余年の一代聖教を説きをく事は皆衆生利益のためなり、但し其の中に四十二年の経経には女人仏になるべからず

と説きたまひしなり、今法華経にして女人仏に成るととくとなのらせ給いしを仏滅後一千五百余年に当たつて鷲

の山より東北十万八千里の山海をへだてて摩訶尸那と申す国あり震旦国是なり、此の国に仏の御使に出でさせ給

ひ天台智者大師となのりて

P0948

女人は法華経をはなれて仏になるべからずと定めさせ給いぬ。

 尸那国より三千里をへだてて東方に国あり日本国となづけたり、天台大師御入滅二百余年と申せしに此の国に

生れて伝教大師となのらせ給いて秀句と申す書を造り給いしに「能化所化倶に歴劫無し妙法経の力にて即身に成

仏す」と竜女が成仏を定め置き給いたり、而るに当世の女人は即身成仏こそかたからめ往生極楽は法華を憑まば

疑いなし、譬えば江河の大海に入るよりもたやすく雨の空より落つるよりもはやくあるべき事なり、而るに日本

国の一切の女人は南無妙法蓮華経とは唱へずして女人の往生成仏をとげざる雙観観経等によりて弥陀の名号を一

日に六万遍十万遍なんどとなうるは、仏の名号なれば巧なるには似たれども女人不成仏不往生の経によれるが故

にいたずらに他の財を数えたる女人なり、これひとえに悪知識にたぼらかされたるなり、されば日本国の一切の

女人の御かたきは虎狼よりも山賊海賊よりも父母の敵とわり等よりも法華経をばをしえずして念仏ををしゆるこ

そ一切の女人のかたきなれ。

 南無妙法蓮華経と一日に六万十万千万等も唱えて後に暇あらば時時阿弥陀等の諸仏の名号をも口ずさみなるや

うに申し給はんこそ法華経を信ずる女人にてはあるべきに当世の女人は一期の間弥陀の名号をばしきりにとなへ

念仏の仏事をばひまなくをこなひ法華経をばつやつや唱へず供養せず或はわづかに法華経を持経者によますれど

も念仏者をば父母兄弟なんどのやうにをもひなし持経者をば所従眷属よりもかろくをもへり、かくしてしかも法

華経を信ずる由をなのるなり、抑も浄徳夫人は二人の太子の出家を許して法華経をひろめさせ竜女は「我闡大乗

教度脱苦衆生」とこそ誓ひしが全く他経計りを行じて此の経を行ぜじとは誓はず、今の女人は偏に他経を行じて

法華経を行ずる方をしらず、とくとく心をひるがへすべし心をひるがへすべし、南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経

。                     日蓮花押

P0949

 文永三年丙寅正月六日清澄寺に於て未の時書し畢んぬ。