四条金吾殿御返事

四条金吾殿御返事     /文永九年五月 五十一歳御作

 日蓮が諸難について御とぶらひ今にはじめざる志ありがたく候、法華経の行者としてかかる大難にあひ候はく

やしくおもひ候はず、いかほど生をうけ死にあひ候とも是ほどの果報の生死は候はじ、又三悪四趣にこそ候いつ

らめ、今は生死切断し仏果をうべき身となればよろこばしく候。

 天台伝教等は迹門の理の一念三千の法門を弘め給うすらなを怨嫉の難にあひ給いぬ、日本にしては伝教より義

真円澄慈覚等相伝して弘め給ふ、第十八代の座主慈慧大師なり御弟子あまたあり、其の中に檀那慧心僧賀禅瑜等

と申して四人まします、法門又二つに分れたり、檀那僧正は教を伝ふ、慧心僧都は観をまなぶ、されば教と観と

は日月のごとし教はあさく観はふかし、されば檀那の法門はひろくしてあさし、慧心の法門はせばくしてふかし

 今日蓮が弘通する法門はせばきやうなれどもはなはだふかし、其の故は彼の天台伝教等の所弘の法よりは一重

立入りたる故なり、本門寿量品の三大事とは是なり、南無妙法蓮華経の七字ばかりを修行すればせばきが如し、

されども三世の諸仏の師範十方薩トの導師一切衆生皆成仏道の指南にてましますなればふかきなり、経に云く「

諸仏智慧甚深無量」云云、此の経文に諸仏とは十方三世の一切の諸仏真言宗の大日如来浄土宗の阿弥陀乃至諸宗

諸経の仏菩薩過去未来現在の総諸仏現在の釈迦如来等を諸仏と説き挙げて次に智慧といへり、此の智慧とはなに

ものぞ諸法実相十如果成の法体なり、其の法体とは又なにものぞ南無妙法蓮華経是なり、釈に云く「実相の深理

本有の妙法蓮華経」といへり、其の諸法実相と云うも釈迦多宝の二仏とならうなり、

P1117

諸法をば多宝に約し実相をば釈迦に約す、是れ又境智の二法なり多宝は境なり釈迦は智なり、境智而二にしてし

かも境智不二の内証なり、此等はゆゆしき大事の法門なり煩悩即菩提生死即涅槃と云うもこれなり、まさしく男

女交会のとき南無妙法蓮華経ととなふるところを煩悩即菩提生死即涅槃と云うなり、生死の当体不生不滅とさと

るより外に生死即涅槃はなきなり、普賢経に云く「煩悩を断ぜず五欲を離れず諸根を浄むることを得て諸罪を滅

除す」止観に云く「無明塵労は即是菩提生死は即涅槃なり」寿量品に云く「毎に自ら是の念を作す、何を以てか

衆生をして無上道に入り、速に仏身を成就することを得せしめん」と方便品に云く「世間の相常住なり」等は此

の意なるべし、此くの如く法体と云うも全く余には非ずただ南無妙法蓮華経の事なり、かかるいみじくたうとき

法華経を過去にてひざのしたにをきたてまつり或はあなづりくちひそみ、或は信じ奉らず、或は法華経の法門を

ならうて一人をも教化し法命をつぐ人を悪心をもつてとによせかくによせおこつきわらひ、或は後生のつとめな

れども先今生かなひがたければしばらくさしをけなんどと無量にいひうとめ謗ぜしによつて今生に日蓮種種の大

難にあうなり。

 諸経の頂上たる御経をひきくをき奉る故によりて現世に又人にさげられ用いられざるなり、譬喩品に「人にし

たしみつくとも人心にいれて不便とおもふべからず」と説きたり、然るに貴辺法華経の行者となり結句大難にも

あひ日蓮をもたすけ給う事、法師品の文に「遣化四衆比丘比丘尼優婆塞優婆夷」と説き給ふ此の中の優婆塞とは

貴辺の事にあらずんばたれをかささむ、すでに法を聞いて信受して逆はざればなり不思議や不思議や、若し然ら

ば日蓮法華経の法師なる事疑なきか、則ち如来にもにたるらん行如来事をも行ずるになりなん。

 多宝塔中にして二仏並坐の時上行菩薩に譲り給いし題目の五字を日蓮粗ひろめ申すなり、此れ即ち上行菩薩の

御使いか、貴辺日蓮にしたがひて法華経の行者として諸人にかたり給ふ是れ豈流通にあらずや、

P1118

法華経の信心をとをし給へ火をきるにやすみぬれば火をえず、強盛の大信力をいだして法華宗の四条金吾四条金

吾と鎌倉中の上下万人乃至日本国の一切衆生の口にうたはれ給へ、あしき名さへ流す況やよき名をや何に況や法

華経ゆへの名をや、女房にも此の由を云ひふくめて日月両眼さうのつばさと調ひ給へ、日月あらば冥途あるべき

や両眼あらば三仏の顔貌拝見疑なし、さうのつばさあらば寂光の宝刹へ飛ばん事須臾刹那なるべし、委しくは又

又申べく候、恐惶謹言。

=五月二日                        日蓮花押

% 四条金吾殿御返事