阿仏房御返事

阿仏房御返事

御状の旨委細承り候い了んぬ、大覚世尊説いて日く「生老病死生住異滅」等云云、既に生を受けて齢六旬に及ぶ

老又疑い無し只残る所は病死の二句なるのみ、然るに正月より今月六月一日に至り連連此の病息むこと無し死ぬ

る事疑い無き者か、経に云く「生滅滅已寂滅為楽」云云、今は毒身を棄てて後に金身を受ければ豈歎くべけんや

=建治三年丁丑六月三日     日蓮花押

%阿仏房

P1318