上野殿御返事

上野殿御返事   /文永十一年七月 五十三歳御作

 鵞目十連かわのり二帖しやうかう二十束給候い畢んぬかまくらにてかりそめの御事とこそをもひまいらせ候い

しに、をもひわすれさせ給わざりける事申すばかりなし、こうへのどの(故上野殿)だにもをはせしかばつねに

申しうけ給わりなんとなげきをもひ候いつるに、をんかたみ(御遺愛)に御みをわかくしてとどめをかれけるか

すがたのたがわせ給わぬに、御心さひにられける事いうばかりなし、法華経にて仏にならせ給いて候とうけ給わ

りて、御はかにまいりて候いしなり、又この御心ざし申すばかりなし、今年のけかちにはじめたる山中に木のも

とにこのはうちしきたるやうなるすみかをもひやらせ給え、このほどよみ候御経の一分をことのへ廻向しまいら

し候、あわれ人はよき子はもつべかりけるものかなと、なみだかきあえずこそ候いし、妙荘厳王は二子にみちび

かる、かの王は悪人なり、こうへの(故上野)どのは善人なり、かれにはにるべくもなし、南無妙法蓮華経南無

妙法蓮華経。

=  七月二十六日               日蓮花押

% 御返事

 人にあながちにかたらせ給うべからず、若き殿が候へば申すべし。

P1508