南条殿御返事

南条殿御返事

 はくまいひとふくろいも一だ給び了んぬ、抑故なんでうの七らうごらうどのの事、いままではゆめかゆめかま

ぼろしかまぼろしかとうたがいてそらごととのみをもひて候へば此の御ふみにもあそばされて候、さては、まこ

とかまことかとはじめてうたがいいできたりて候。

P1567