上野殿御書

上野殿御書

 南条七郎五郎殿の御死去の御事、人は生れて死するならいとは智者も愚者も上下一同に知りて候へば始めてな

げくべしをどろくべしとわをぼへぬよし我も存じ人にもをしへ候へども時にあたりてゆめかまぼろしかいまだわ

きまへがたく候、まして母のいかんがなげかれ候らむ、父母にも兄弟にもをくれはてていとをしきをとこにすぎ

わかれたりしかども子どもあまたをはしませば心なぐさみてこそをはしつらむ、いとをしきてこごしかもをのこ

ごみめかたちも人にすぐれ心もかいがいしくみへしかばよその人人もすずしくこそみ候いしにあやなくつぼめる

花の風にしぼみ満つる月のにわかに失たるがごとくこそをぼすらめ、まことともをぼへ候はねばかきつくるそら

もをぼへ候はず、又又申すべし、恐恐謹言。

=弘安三年九月六日                日蓮花押

%上野殿御返事

  追申、此の六月十五日に見奉り候いしにあはれ肝ある者かな男や男やと見候いしに又見候はざらん事こそか

なしくは候へ、

P1568

さは候へども釈迦仏法華経に身を入れて候いしかば臨終目出たく候いけり、心は父君と  一所に霊山浄土に参

りて手をとり頭を合せてこそ悦ばれ候らめ、あはれなりあはれなり。