上野殿母御前御返事

上野殿母御前御返事

 乃米一だ聖人一つつ二十ひさげかかつかうひとかうぶくろ(一紙袋)おくり給び候い了んぬ。

 このところのやうせんぜんに申しふり候いぬ、さては去ぬる文永十一年六月十七日この山に入り候いて今年十

二月八日にいたるまで此の山出ずる事一歩も候はずただし八年が間やせやまいと申しとしと申しとしどしに身ゆ

わく心をぼれ候いつるほどに、今年は春より此のやまいをこりて秋すぎ冬にいたるまで日日にをとろへ夜夜にま

さり候いつるがこの十余日はすでに食もほとをととどまりて候上ゆきはかさなりかんはせめ候、身のひゆる事石

のごとし胸のつめたき事氷のごとし、しかるにこのさけはたたかにさしわかして、かつかうをはたとくい切りて

一度のみて候へば火を胸にたくがごとし、ゆに入るににたり、あせにあかあらいしづくに足をすすぐ、此の御志

はいかんがせんとうれしくをもひ候ところに両眼よりひとつのなんだをうかべて候。

 まことやまことや去年の九月五日こ五郎殿のかくれにしはいかになりけると胸うちさわぎてゆびををりかずへ

候へばすでに二ヶ年十六月四百余日にすぎ候が、それには母なれば御をとづれや候らむ、いかにきかせ給はぬや

らむ、ふりし雪も又ふれりちりし花も又さきて候いき、無常ばかりまたもかへりきこへ候はざりけるか、あらう

らめしあらうらめし余所にてもよきくわんざかなよきくわんざかな玉のやうなる男かな男かないくせをやのうれ

しくをぼすらむと見候いしに、満月に雲のかかれるがはれずして山へ入りさかんなる花のあやなくかぜのちらせ

るがごとしとあさましくこそをぼへ候へ。

P1584

 日蓮は所らうのゆへに人人の御文の御返事も申さず候いつるがこの事はあまりになげかしく候へばふでをとり

て候ぞ、これもよもひさしくもこのよに候はじ、一定五郎殿にいきあいぬとをぼへ候、母よりさきにけさんし候

わば母のなげき申しつたへ候はん、事事又又申すべし、恐恐謹言。

= 十二月八日    日蓮花押

% 上野殿母御前御返事