紅の歌
作詞  山本伸一
作曲  菅沼知彦
1  ああ紅の  朝明けて
   魁  光りぬ  丈夫は
   ああ暁鐘を  打て  鳴らせ
   驕れる波浪よ  なにかせむ
   邪悪の徒には  栄えなし
   地涌の正義に  民衆の旗

2  毀誉褒貶の  人降し
   輝く王道  この坂を
   父の滸集いし  吾らあり
   子よ大樹と  仰ぎ見む
   ああ青春の  金の汗
   誓いの青藍  虹かかれ

3  老いたる母の  築きたる
   広布の城をいざ  護り抜け
   眩き地平に  澎湃と
   若き翼よ  爽やかに
  *万葉の詩  ともどもに
   舞いに舞い征け  世紀まで
   (*以下くり返し)