(〜合唱組曲「四季」〜)
作詞  山本伸一
作曲  野田順子
  雪が降る
  天から降る
  汚れを知らぬ処女(おとめ)のように
  清楚な燦(きらめ)きの
  静かな雪

  雪は
  人の心を温める
  雪よ
  妙なる典雅の雪よ

  暁の光なき人間の曠野(こうや)を
  いくたびも
  少年の夢の殿堂(しろ)にしてくれた
  白き空想の雪よ

  春草を待ちわびながら
  その白き肌で
  この世の濁りを包容(つつ)む
  いじらしき雪よ

  雪が降る
  天から降る